立春2023

きのうは節分、豆まきをして、今日は立 春。12℃で暖かい、このまま暖かくなれ ばいいのに。 春になったらといろいろ思案している、 マスクをするにしても自主制限をほどい ていけそう。

昔の備忘録メモ

を見つけたので、このブログに貼り付けておく。 2000年から2004年の5年分である。 投稿日は2000年年末、2001年年末・・・2004年 年末に遡って、それぞれ1年分を1日にまとめて 投稿できた。 本ブログを2005年から始めているので、これで 繋がって、2000年から…

電気代

12月から1月にかけての電気代に驚愕する。

ワクチン5(覚書)

ワクチン5回目を打った、3か月という けどあまり信用せず5ヵ月待って。 ファ×5である。 翌日37.1℃の微熱、肩は打ったと ころは痛いが自由に動く。念のため外 出せずぶらぶらしていた、やる気も起 きず。明日からは通常に戻る。 ktoshi.hatenablog.com

耐える力

新聞であいまいさに耐えるというような 大学の先生の文章を読んだ。最近は、日 頃から簡単に結論を決めつけない、わか らないをわからないまままずは受け入れ ようとしているが、それは耐える力とい うのかと知った。 調べると、詩人ジョン・キーツ(知らん…

2023年のはじまり

およそのことは成り行きと偶然で道が拓 けてきた。フリーになってもうすぐ5年 になる、あれもこれもしたいと思ってい たのに、現在地は違うところにいる。 NPOは予想外のところに居るし、木版画 の大きな作品制作をしているのはまった く考えてもいなかった…

2022年大晦日

新聞でタイパという言葉を知った、タイ ムパフォーマンスらしい。 若者たちが情報時間の効率を求め、映画 を倍速でみて10分で小説の説明解説を読 み何万曲の音楽を手元に置きご苦労なこ とだなあと思う。私たちの頃はモラトリ アムの時間といわれていたし、…

終わりのはじまり

「鎌倉殿の13人」が終わった。 大河ドラマは三谷幸喜のだけを見ている が、今回はまるで知らなかった北条義時、 面白いだろうかと疑心暗鬼だったが見事 にはまってしまった。主役がリチャード 3世みたいな、ダースベイダーみたいな 悪人である、しかも徐々に…

ひさしぶりの寺町通散歩

コロナ禍で2019年夏以来3年振りの寺町通。 鳩居堂はまったく別物になり(隣りの世 界の楽器店はあった)、でも龍枝堂は以 前のまま、三月書房は週休7日になって しまい(ちょうど店主さんが店先で落葉 の掃除をしていた)、スマート珈琲店は かわらず行列で…

京都迎賓館

こちらもテレビでなんども特集があった ので予約して行ってきた。伝統工芸をこ ういうところで継承していくのは意義が あるだろう。国賓等の接遇を洋館で行い フランス料理でもてなしてきたのは変だ なあと思ってきたが、和風も洋風も無節 操に取り入れられ…

師走2022

寒くなって師走の気分、別に新年のため にということはないけどいくつものやっ ておくことをひとつひとつ準備をし、片 づけをはじめる。 墓参に行き、姉のところに年末の挨拶に 行き(早いけど)、大掃除メニューをひ とつ片付け、いっぺんにいろんなことが …

チューリップの芽がでてきた

まだ植えたばかりなのに、まだ秋の終わ りなのに、もう芽が出てきた。 暖かい日が続いたからか、そもそも植え 方がいけなかったか。 ktoshi.hatenablog.com

秋空に

紅葉と桜が同時に見られた。 短い秋を楽しむ。

大森一樹さん

70才だった、わたしと同世代感覚があっ たのですくなからずショック。 「暗くなるまで待てない」「ヒポクラテ スたち」「恋する女たち」・・・ 合掌。

チューリップの球根を植えた

いろんな町へ

関わっているNPOの用事で、県内の某市 の中心駅ではじめて降りた。市役所へ行 ったのだが、駅も役所も立派で驚く、ト ヨタ城下町というのか元気さがわかる。 県内の市町村でも知らない、行ったこと がないところがたくさんある。世界は広 い。 沢木耕太郎の…

本を読むこと

読書家ではない、いわゆる人文系の本を 読むわけではない。ただ物語が好きで、 きっと子供のころから現実逃避としての 読書だったように思う。 そろそろ時間がなくなってきた。もう新 しい作家には手を出さないようにしたい、 お気に入りの作家を読みつくし…

映画を見ること

映画は映画館で観るのがいいに決まって いる。若かった頃は映画館の最前列か前 の方で見上げるように観ていた。でもそ のうち習慣もなくなって、家でレンタル で見るようになり、いまではほぼテレビ の映画を見ているだけである。 レンタルショップも近くに…

考えているわけでもない2

昨日考えているわけでもないとなにげな く書いたが、そうだなあ最近ものをきち んと考えることがなくなったなあと思い いたった。いいのかわるいのかはわから ない。でもちょっと驚いた。

考えてるわけでもない

まだ前職に細くつながっているので言い にくいのだが、組織というものからフリ ーなるためにフリーになったわけで。 でもフリーになって、仕事ではないとこ ろとつながりだすとそこにも組織がある、 あたりまえのこと。 それくらいの付き合いをしないと、社…

昭和に生まれて

わたしは昭和世代だと思ってきた。とこ ろが先日そうでもないんじゃないと思い ついた。昭和のことはわりとわたしの出 来事、世の中のことが年号と結びついて 記憶にあるのだが、平成は31年もあった のにどうも年号と結びついていないのは 何故なんだろう、…

バズ!

車で走っていたら前のトラックに変なも のが。信号で止まったときに、あわてて スマホを取り出して撮った。 トラックオーナーさん、勝手にアップし てごめんなさい。 バズ!ウッディの手を離すんじゃないぞ。

レゴのかたづけ

レゴは結局そのまま押入れの奥にしまっ た。すこしだけ日干しに出しておく。 これを見て、そういえばデンマーク製の レゴには武器がないというのがわたしが 子供で欲しかった50,60年前の頃のポリシ ーだったのではないか、違ったかな。 この雛段はみんな武器…

T教会の思い出

1974年に大学へ入ってからの3人の高校同級生のこと。 1.高校のクラブの部長で親しかった。 2年の終わりに東京へ転校して、音大に入り、いつのまにかTへ。 20年後くらいか連絡があって一度会おう という話になったがそこまで、まだTな のかも聞けずじまい…

徒労

お盆も終わったので、気合いを入れて、 今日は朝家事が済んだら版画の大作の刷 りを行った。去年から取り組んでいるの があり、うまく刷れず気に入らなくてで も今月中にも仕上げたいのだが。一回に 3枚刷る、いろいろ準備をしてさてと始 める、ところが色具…

棚が落ちて

納戸の棚が突然落ちた、このお盆の忙し い時に。沢山の額とレゴのプラケースと 思い出ケースがひっくり返った。 レゴは大2箱あり捨てろと云われている が捨てられない。クリスマスやプレゼン トにはいつもレゴだったし、NYのFAOシュワルツで買ったレゴもあ…

墓参とお盆、および宿題

宿題を持ち越したままである。 お盆の前に墓参に行ってきた。 いまのところ、わたしは自分が死んだら それで終わり、あの世はないと思ってき た。ところが亡き父母の墓参に行き、お 盆に盆行事をする。死んだら終わりなら 意味はないはず、その単純な矛盾す…

放送大学「初歩からの数学」全15回

約4か月かかって、なんと50年振りに、 高校卒業までくらいの数学のおさらいを した。放送大学テレビを録画して見た、 見るだけだけど。 最初は中学のおさらいから始まり、関数 や数列、最後に微積分である。途中、背 理法とか数学的帰納法が出てきて、数Ⅰ だ…

ハチの巣を駆除

猛暑である、なぜか日本中で名古屋がもっとも暑い。 今年は庭にハチがたくさんいてなんか変 だなと思っていた、ホースで水やりをし ていたらエアコンの室外機(2段積み)に 水がかかり、急にハチが5、6匹湧いて きたので、2段の隙間を覗いたらハチの巣が。…

澁澤龍彦「快楽主義の哲学」再読

2022年の8月である。 猛暑、少し散歩するだけであとはエアコン内で生息している。 働いていた時は暑くても雨でも毎日仕 事に出かけたことがいまや信じられな い。そんなだから新聞をゆっくり読む時間があり、結果いつも気分が滅入る。でもこんなにとっちらか…