外岡秀俊/中原清一郎「カノン」

外岡秀俊が亡くなったという記事を読んだ。

彼が「北帰行」で1976年文藝賞をとり単行

本を買って読んだのはすぐだったか、働き

だしてからだったか。就職して小金を得た

ので同世代の新人作家の単行本をいろいろ

買っていたことがある、村上龍村上春樹

もそれで、外岡秀俊は1953年生れだったし、

「北帰行」には感心していたので、作家に

ならず新聞記者になったのには驚いたもの

だ。その後、朝日新聞の戦時下の報道責任

を企画したりして、熱心な読者ではなかっ

たが遠くから関心を持ってきたのだが、ほ

ぼ同世代なのに亡くなったことに少なから

ぬショックであった。

記事を見ると、早期退職後、中原清一郎名

義で小説も書いていることを知り、早速読

んでみた。

「カノン」、近未来の脳移植により58才の

男性が32才の女性の海馬と交換し生きてい

くという入れ替わり物語だが、前半は生き

るとは何か自分とは何かという哲学的な問

いかけがあり、緊張感があった。後半は移

植後の日常に順応していく過程で、ジェン

ダーのことはともかく、子供のいじめとか

職場でのいやがらせなど卑近な話が出てき

て、最後は泣ける話に持っていったところ

はいくらか残念だった。それでも「北帰行」

の作家が豊富な記者経験を経て、読み応え

のある物語を書いてさすがであった。

それにしてもこれからという68才没、合掌。

 

 

伊集院静「ミチクサ先生」(上)(下)

伊集院静は初めて読んだ、漱石の伝記物語

というので読んでみた。わたしの好みの文

章とは少し違う、説明描写が多くて内省的

なところがない。漱石はあくまで紳士で、

鏡子夫人も素直な女性、わかりやすい人物

設定だがほんとうにそうだったのか。

漱石が新聞社に入るまでのいきさつ、経歴

はおさらいになったし、社会背景もリンク

したし、正岡子規のことはすこしわかった

し(六月を綺麗な風が吹くことよ)、寺田

寅彦も同様。

うーん、やっぱり、きちんと漱石を読まな

いといけないな。

 

ジョン・ランディス「サボテン・ブラザース」

こういう笑いは日本人の好みではないか、

わたしの好みではない。

三谷幸喜が感銘を受けたと云っているよう

なので、それはわかるような気がする。

スティーヴ・マーティンは「花嫁のパパ」、

チェビー・チェイスは「透明人間」、マー

ティン・ショートはわかりません。

 

 

 

リチャード・ブルックス「プロフェッショナル」

1910年代のメキシコ革命の頃といわれても

まったく知識なし。テキサス富豪の妻がメ

キシコ山賊に誘拐され、プロフェッショナ

ル4人が救出に行く話なのだが、これがな

かなかよくできている。リーダーのリー・

マーヴィンは見たことがあるようだが知ら

なかった、バート・ランカスターは華があ

る。妻がクラウディア・カルディナーレ

もっと華やかでもよかったのに固かった、

しかも曲者。どんでん返しもあって、最後

はかっこよかったですね。

 

名古屋市美術館「現代美術のポジション展」

チケットがあったので、コロナ第6波の大

波が来る前にあわてて観に行ってきた。

やっぱり現代美術は楽しくない、非日常を

感じると云われてもわたしにはよくわかり

ません。

当然、常設展も観てきた。

赤瀬川原平の「模型千円札事件」コーナー

があり、当事者は大変だったろうが、その

騒ぎっぷりは面白かった。

佃政道の木版画展はよかった、ためになっ

た。やっぱりセンスですね。まったく知ら

ない人だったが愛知県で活躍した人だった。

もちろん、モディリアーニの「おさげ髪の

少女」には挨拶してきた。