夏目漱石「明暗」

最後の作品(未完)読了。

おもしろい、ほぼ事件は起きないのに、

どうでもいいような会話、心理描写なの

にぐいぐい読ませる。主人公津田は自分

から行動しない、妻延子は積極的だ、ド

ストエフスキーに登場するような小林が

いる、そこに清子が現れる。各自勝手に

いろいろ考えている、この先どうなるの

かというところで絶筆、未完。

漱石の思想みたいなものはわたしにはわ

からない、ただ物語としておもしろかっ

たということである。