辻原登「隠し女小春」

辻原登の新作である。

タイトルからおかしい、装丁の絵も純文

学とは思えない、奇想の物語である。

リアルドールを愛玩する男がリアルな女

性と付き合いだし、その嫉妬から人格を

持ちはじめ、最後は心中天網島よろしく

(なんといっても小春だからね)心中の

ような形で終わる。

という話にあらゆる蘊蓄を織り交ぜなが

ら畳みかけるように進めていく。といっ

て情報小説ではない、知らなくてもいい

やっぱり蘊蓄である。

辻原登は七変化の作家なのかこのような

作家はいない。丸谷才一がすこしこうい

うところがあるが、そうか、丸谷才一

エッセイみたいな小説だ。そこへしっか

りしたストーリーがあり、荒唐無稽との

紙一重でもあるが、わたしは一気に読み

終えた。