辻原登「冬の旅」

とんでもない本を読んでしまった。この衝

撃はちょっとすぐに言葉にならない。

シューベルトの歌曲「冬の旅」から章立て

して、「孤独」「回想」「カラス」「郵便

馬車」「春の夢」「凍結」「幻」「菩提樹

「鬼火」とある。フィッシャーディスカウ

を思い出す。

主題は「私は別様に生きえたのに、このよ

うにしか生きえないのは何故であるのか」

である。物語は息もつかせぬほどに疾走す

る。現実社会の事件を絡ませ、大阪等の地

名が頻繁にでてきてその土地の匂いも絡ま

せ、男の人生を、関係した女や男を描きき

る。男の心理描写や思索はほとんどない、

自分で選んだ選択と選べなかった選択、ふ

りかかってきた選択により男は堕ちていく、

自己責任なんて簡単な言葉で責められない。

どうしようもない救いのない物語なのだが、

悪人正機のことがよくわからなかったし、

必ずもういちど読むだろう。

冬の旅 (集英社文庫)

冬の旅 (集英社文庫)