荒木源「オケ老人!」

オケ老人! (小学館文庫)
いつもの出張の新幹線の中で読んだ本。藤谷
治「船に乗れ!」からの連想でたどり着いて
探していた本。アマチュアオケの話なのだが、
昔、高校の時に練習したエグモント序曲がで
てきて懐かしかった。
こういう音楽ものは「船に乗れ!」もそうだ
が、いつも楽しく読めるのはなによりいかに
も楽しそうだからだ。ところでロシアのサイ
ドストーリーはなくてもよかったように思う
のは勝手な感想か。