湯川豊「須賀敦子を読む」

須賀敦子を読む (新潮文庫)
須賀敦子のエッセイを何冊か読んで、文庫全集をいくつか揃えて、
でもいまひとつよくわからないという感想をもっていたが、彼女の
担当編集者であった作者でもそう云っており、彼女が自分のことを
あまり語らないことによるとあった。それをこれからエッセイでな
くフィクションの形で表現していこうとした矢先に亡くなってしま
ったということらしい。またゆっくり読み返す時期がくるだろうな。