鑑賞

アン・リー「ブロークバック・マウンテン」

ひとつのラブストーリーである、理屈でそ う理解する。1960年代の中西部なのだから いまとは比にならない厳しさ、かつ宗教感 も絡んでくる。アン・ハサウェイがでてき てびっくりした。 アン・リーは「いつか晴れた日に」「グリ ーン・デスティニー」「ライ…

山本薩夫「白い巨塔」

いまになってこれをテレビで見られるとは 思わなかった。学生の時、この文庫(何巻 だったか)を買って読みだしたら止まらず 徹夜して翌日の講義もさぼりひたすら読み 終えたことを思い出す。 その映画化、田宮二郎は圧巻、でも取り巻 きの東野英二郎、小沢…

アラン・ドロン「テキサス」

アラン・ドロンがハリウッド進出した時の 作品らしい。アラン・ドロンは二枚目色男 のイメージだが、フランスでは1960「若者 のすべて」1963「山猫」等しっかりした主 張のある映画に出ている。 なのにこれはなんだ、馬鹿々々しかったか な、楽しかったかな…

ウディ・アレン「カフェ・ソサエティ」

ウディ・アレンの見残したのを機会を捉え て見ている。これは2016年、わりと新しい のに見ていなかった。ジェシー・アイゼン バーグがウディ・アレンのようなセリフ回 し機関銃のよう、気の利いたセリフでおし ゃれなロマンチック・コメディ。アレンが でて…

「カセットテープ・ダイアリーズ」

2019年のイギリス映画。パキスタンの移民 の高校生の成長物語。1980年代のサッチャ ーの時代の移民が排斥されていた時代に、 B・スプリングストーンの歌を聴くことに よってつらさを乗り越えいく、映画の中で も歌が流れ、歌詞が画面の中で踊りだし、 しか…

アン・ハサウェイ「インターステラー」

アン・ハサウェイとマット・デイモンとい うから宇宙ものと思い見た。うーん、まる でわかりませんでした。webで説明を読ん でもよくわからない、地球を救おうという 時に娘との愛情なのかというのも・・・。 どうも読んだ「三体」と似ている、「時空 の歪み…

映画「お名前はアドルフ?」

2018年ドイツ映画。タイトルから話が予想 できるのだが、それだけでは終わらないと ことがよくできている。というか夫婦と弟 夫婦と親友の5人、インテリ男をはじめ論 争好き、そしてタイトルのとおり生まれて くる息子にこの名前を付けるという発言か ら大論…

ベン・キングスレー「しあわせへのまわり道」

アメリカ映画なんだけど、主人公がインド 系アメリカ人(いつもターバンを巻いてい る)、ベン・キングスレーが適役。書評家 の女性が彼から運転を習うのだが、なかな かよくできている、キングスレーがインド で少数の宗教を信仰しており、誠実な生活 を実…

海外ドラマ「アンという名の少女」

最近、少女小説、少女映画づいているのか。 NHKで新しい赤毛のアンのドラマをやるの を見つけたので録画して見た。8話完結の ようでその1、2話。前に見たのとストー リーはまるで同じ、アンは変わらず想像の 翼に乗って。 ところで現代の少女たちの一定割…

「ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語」再見

先日、長くつ下のピッピの作者の伝記映画 「リンドグレーン」を見たので、去年、ひ とりで映画館へ観に行った「ストーリー・ オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語」 がよかったという話を家人にしたら、見た いというのでDVDで見た、再見。 古い話なのだが…

映画「リンドグレーン」

2018年スウェーデン・デンマーク映画。 「長くつ下のピッピ」のアストリッド・リ ンドグレーンの若き日々を描いた伝記ドラ マ。「長くつ下のピッピ」を読んでいない、 女の子向きと思っていたし、こどもも女の 子がいなかったので、だからリンドグレー ンも…

「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」

2020年フィンランド映画。(オンネリとア ンネリと同じだ) 年老いた美術商がイリヤ・レービンという ロシアの画家の作品を見つけだし翻弄され る物語。渋くてディテールがしっかりして いる、娘との確執、孫との交流も交ぜて、 フィンランドの静かな時間が…

ヒッチコック「私は告白する」

話は単純なのだが、これは止められない、 おもしろかった。教会の裏方の人から殺人 の告解を聞くが、神父は信仰の義務から他 人に告白できないことから、犯人扱いされ た神父が苦悩する物語。 なかなかよくできている、恋人のアン・バ クスターがきりっとし…

「そして、私たちは愛に帰る」

2007年、ドイツ・トルコ・イタリア映画。 トルコとドイツの3組の親子の物語。政治、 文化に絡みとられ、でも「許す」ことを決 める、という映画だ。深くて十分には消化 できていないけど、映画ってほんとうにか けがえのないひとつひとつの人生を描きだ す。…

シャーリー・マクレーン「あの日の指輪を待つきみへ」

リチャード・アッテンボロー監督作品。 ラブロマンスというより、政治、戦争に巻 き込まれた人生というべき。北アイルラン ド紛争、IRAが絡んで物語はすこし複雑、 ベルファストに住む青年のこれからの人生 を考える。 クリストファー・プラマーがいいのだが…

映画「オンネリとアンネリのおうち」

フィンランドの映画。フィンランドの児童 文学を原作として、その実写映画化、2018 年作品。7才のオンネリとアンネリという少 女が自分たちの家を持ち暮らし始める物語、 女の子の憧れのような可愛いおうち、自由 でたくましい夢のような日。オンネルは多 く…

ヒッチコック「間違えられた男」

またもヒッチコック、題名も知らなかった。 1950年代の絶頂期の作品。実際の事件を基 に脚本が書かれたらしい、きわめてシンプ ル、ただ犯人と間違えられた男の不安、恐 怖が見る人に圧し掛かってくるよう。 それが妻の精神を侵してしまう。法廷劇か と思え…

contondo公演「笹舟2021」

笹島の南の「ささしまスタジオ」という多 目的スタジオで、舞台と音楽と生け花のパ フォーマンスを見てきた。 副題がー浮かべた笹舟はいま何処を漂って いるのかーとあるように、コロナ禍により、 舞台等の文化芸術の先行きが見通せない中 で、かつての笹舟…

フランシス・F・コッポラ「レイン・メーカー」再見

途中、裁判官(判事?)が出てきて、あ、 見たことがあると気付く。それでも勢いで 見てしまう。 マット・デイモンの若き日の秀作、こうい うイメージの俳優だったんだけどボーン シリーズのようなマッチョになっちゃって いまさらながら驚く。 コッポラはや…

ケヴィン・スペイシー「ラスベガスをぶっつぶせ」

猛暑に負けてぐたぐたしている。本はやっ かいなのを1冊、じっくりと1冊と時間がか かっている、よって映画はお気楽なのを。 「ラスベガスをぶっつぶせ」と気のない題 名の知らない映画を見る。 ブラック・ジャックのカウントというのが よくわからず、それ…

ヒッチコック「見知らぬ乗客」

ヒッチコックはまだまだ知らない作品が、 これもそうだがなかなかよくできている。 傑作に部類に入る作品だそうだが、確かに ぐいぐい引き込まれる。 交換殺人を持ちかけられ、一方的に勝手に 片方の実行に移されてしまう。すぐに警察 に行けばいいのに、自…

ルネ・クレマン「雨の訪問者」

大林宣彦監督のチャールズ・ブロンソンCM、 オ~マンダムが一世を風靡したのは1970年 だった。もちろん大林のことはまったく知ら なかったが。その年、チャールズ・ブロンソ ンの映画「雨の訪問者」がロードショー封切 で人気だったのを覚えているが、もちろ…

映画「おらおらでひとりいぐも」

知らない間に映画化されていた。 田中裕子と若いときの蒼井優。なんだか不 思議な映画、まったりとおひとりさまの生 活と覚悟の映画。ゆっくりと目玉焼きとト ーストの朝食を作る、夕飯は適当な感じ、 カップみそ汁なんか飲んでいる、人に迎合 しない、孤軍…

サンドラ・ブロック「ものすごくうるさくて、 ありえないほど近い」

トム・ハンクスとサンドラ・ブロックとい うから、中身は知らなくても、タイトルが かわっていてもいいかと見たんだけど。 9・11に絡む映画をはじめて見た。自閉 症気味の少年の父親が9・11で亡くなり それを受け入れられないのだが、母親にも 心を開…

ウィレム・デフォー「永遠の門 ゴッホの見た未来」

いくつもあるゴッホの伝記映画の最新2018 年作品。 新解釈らしく精神を病んできても 自分を見つめ人生を考える、キリストと対 峙する、死因も自死ではない。テオとテオ の妻に、また医師と牧師に支えられ、絵を 描くだけの人生を送れたといえる。展覧会 も開…

ジュディ・デンチ「ジョーンの秘密」

2018年のジュディ・デンチ主演のイギリス 映画。原爆開発競争のなか機密を流してい たスパイが、戦後50年も経って逮捕される のだが、ふつうのおばあさんだった。そし て当時を回想していく物語なのだが、当時 大学で物理学を学んだ優秀な女性がどうし てス…

マット・デイモン「ジェイソン・ボーン」

ボーン・コレクターの件でどうも気分が晴 れぬ。そこで(理由になってないが)、ボ ーンシリーズの続き(実は4作目があるの だがデイモンも脚本に納得できず主演しな かったためスピンオフ作品となっている)、 5作目(実質4作目、3部作の続編)。 なにが人…

クィーン・ラティファ「ボーン・コレクター」

マット・デイモンのボーンシリーズのひと つかと録画したらまるで違う映画だった。 シリーズが名前のBourneであるのに、こっ ちはBone、骨だった。 若いデンゼル・ワシントン、初主演のアン ジェリーナ・ジョリー、そして見たことが あるクィーン・ラティフ…

キャメロン・ディアス「ナイト&デイ」

梅雨、雨が続く、かったるいです。 やけくそでお気楽映画、キャメロン・ディ アスとトム・クルーズ。キャメロン・ディ アスは底抜けの明るい役を演ずる、たぶん ずっと演じている、これからは演技派だと かシリアスにも挑戦したいと思わない、た だ観客が楽…

マクドーマンド「ファーゴ」再見

家人がフランシス・マクドーマンドに注目 しはじめたので、「ファーゴ」をもう一度、 こんどは一緒に見る。 最初にこれは実話に基づくとあるのだが、 実はウソだった、コーエンのジョークとい うか、そう書くことで奇妙奇天烈な話がリ アリティを持って見る…